老後破産を回避するための定年後のリスクマネジメントとは

年金に頼らない老後を実現ための定年無く稼ぎ続ける方法
老後年金が不足して破産しないために
0
    年金の受給額が十分受け取れなくて、特に贅沢な老後生活を送っているわけでもないのに、生活費が不足して、老後破産の状態に陥っている高齢者が少なくないようです。

    仕事が定年を迎えても老後年金があるから大丈夫などと言えた時代はひと昔前の話です。老後は自適悠々の生活をしていた高齢者は、ごく普通の姿であり、決して特別な存在ではありませんでした。

    しかし、現在の年金生活をしている高齢者の事情は、昔と比べて随分と様変わりしてきているのです。

    年金受給の物価にスライドした減額」が実施されており、現実にここ数年は、実際に年金の受給額は減ってきているのです。

    最近では年金制度に対して不安視する声も多くなり、このままでは老後破産してしまうのではないかと、心配する人も少なくありません。

    年金の額だけでなく、介護費用や医療費など高齢者になれば必然と増えてくる費用もあり、中でもパラサイト破産という聞きなれない言葉も出てきています。

    高齢者が陥りがちなパラサイト破産という老後の危険性について

    老後の生活費が足らなくなるという予測が現時点で、出来ているのであれば、何かしらの対策を講じることが可能性です。

    いずれ訪れるだろう老後生活のために、いまから何もしないというのは賢い選択とは言えません。

    老後でも夫婦二人で安心して暮らせるように、今からでもやれることを検討しておくと良いでしょう。

    いろいろとあるのですが、銀行に預けても利息はしれているため、少額で投資もできるようになったことから、株を買ってその配当金を老後年金の不足分に充てる、といったことをしている人もいるので、不安だというのなら検討しておくのも選択肢の一つです。




    | 安心できる老後を送りたい | 老後破産 | 20:14 | - | - |
    老後生活に必要な生活費を準備する方法
    0
      老後生活に必要な生活費を準備するためには、若いうちから計画的に資産運用を行う姿勢が重要です。

      資産運用が必要な一番の理由は、老後になると収入が年金だけになってしまうからです。

      年金収入は、すこし前までは老後の生活を送る上で、十分な額の年金をもらうことが出来ていましたが、高齢化社会による日本の財政への負担増が懸念される中で、年々減額されているという現実があります。

      今でこのような状態にある年金に対して、これから定年を迎えるだろう人たちに、満足して老後生活を送るだけの年金は支給されるとは、誰でも予想できないことでしょう。

      高齢者の貧困問題は決して他人ごとではないのです。

      老後破産しないためには早いうちから対策を進めておく必要があります。
      老後破産の原因と老後貧乏を回避する貯蓄方法などは老後破産に陥らないようにするための役立つ情報が掲載されているので参考になります。

      実際に年金だけでは生活できずに老後の貧乏生活を余儀なくされている人は年々増加しており、中には生活保護レベルの老後を送っているという下流老人と呼ばれる高齢者もたくさんいるのです。

      老後に貧乏生活を送っている下流老人について

      下流老人になりたいですか。老後は貧乏生活を送りたいですか。
      という質問をすると多くの人は、貧乏になりたくない。下流老人にはなりたくない。と答えることでしょう。

      老後の準備をしています。という質問をすると「まだ老後の準備はしていない。」と答える人が少なくないでしょう。

      老後に貧乏生活を送るようなことにならないためには、早いうちから老後資産の構築について勉強して、実際に資産運用をはじめることをおすすめします。

      老後の資産運用とは、株式の個別銘柄を購入したり、投資信託を積み立てるのが、最も一般的な手法です。

      インデックスファンドなどを上手に活用することで、年率3パーセント程度の利回りを実現できる資産運用方法もあります。

      そのために20代や30代で老後生活に向けて資産運用を始めることで、定年退職時には5000万円程度の資金を確保することも可能です。

      またアパートを購入して賃貸経営を始めるという資産運用の手法も最近では注目されています。

      アパートを経営することで、毎月安定した家賃収入が得られます。そのためにアパートを一棟所有するだけでも、豊かな老後の暮らしを実現することができるのです。



      | 安心できる老後を送りたい | 老後生活 | 00:43 | - | - |
      年金受給者の生活資金はカットされるのか
      0
        今後、年金受給者の生活資金はカットされるのかというと、これはわかりません。

        年金の支給額が減ったり、支給年齢の引き上げということは確実に行われるでしょうが、生活資金というところまでカットしていくのかというと、これは別問題だからです。

        国民が最低限の生活保障をされるというのは憲法で保障されている国民の権利です。

        これを年金に委ねているという現状がありますから、この生活資金の部分にまで手を出すということは、憲法が改正されない限り難しいとも考えられます。

        何しろ今は生活保護の名のもとに仕事をしていない人にまでお金を出しているような状態です。

        これは憲法が保障するところの最低保障という考え方からきています。

        この考え方がある間はなかなか難しいでしょう。
        | 安心できる老後を送りたい | 老後生活 | 23:29 | - | - |
        住宅ローンの残債が定年を過ぎても残っていたら老後破産する可能性が高くなる
        0
          定年後は収入が減ってしまうので、住宅ローンの残りがあったら、老後の生活は大丈夫なのでしょうか。

          老後は給与による収入が無くなるので、年金だけによる生活になってしまいますが、その時に住宅ローンの返済があると、生活して行けるのかどうか、心配になります。

          住宅ローンは、30代の時に組んで、65歳くらいで完済してしまうという計画を立てる人が多いようです。

          正社員で働いている人なら、定年退職をしたら退職金がたくさんもらえるので、そのお金を利用して、残りの住宅ローンを一括返済してしまうという考えの人も少なくないようです。

          住宅ローンの金利は低いので、あわてて完済してしまう必要はありませんが、資金に余裕があるなら、まとまったお金がある時には、繰り上げ返済してしまったほうがわずかでも利息が節約できます。

          会社勤めをして、定期的な収入があるうちに繰り上げ返済をすることによって、住宅ローンを完済できる時期を、前倒しすることが可能になります。

          老後には年金収入だけが頼りになりますが、ここ数年は年金受給は徐々に減額されているばかりでなく、年金を受給できるようになる年齢を引き上げようとする計画をいろいろなところで見聞きするようになってきています。

          今後ますます高齢化が進んでいく日本の状況を考えてみると、国家予算に占める社会保障の割合は、上がることはあっても、下がることは無いでしょう。

          自分だけでなく、今後の日本国内での社会の情勢を考えてみると、年金制度制度が本当にこの先何年も、続いているのかどうか、大変心配になってきます。

          ここ10年は大丈夫だとしても、20年後、30年後の日本に、年金制度は維持されているのでしょか。年金制度そのものが破綻していることも考えられます。

          いま50代の人は、もう目の前まで年金受給が迫っていますが、40代よりも若い世代の方々は、自分達が定年退職したら、年金制度自体が破綻してしまって、年金をもらうことが出来ないかも知れないと、本当の心配になるものです。

          退職金が支給され、国から支給される年金だけで、十分な老後生活を送ることができるというような老人であるならば、自適悠々な生活を送ることが出来るかも知れません。

          このような老後の生活では無く、退職金も少なくて、年金受給額は十分では無い状態で、
          定年を過ぎても住宅ローンの残債が残っているという人は、年金だけで返済をしていかなくてはならないので大変です。

          少ない年金の中から住宅ローンを返済しながら、老後の生活を送ることが出来るのかどうか、よく考えておかなければなりません。

          65歳くらいまでなら働いている人もたくさんいるでしょうが、いつまでも健康でいられるかどうかは、誰にも予想することができません。

          自分の定年後の老後の生活について、しっかり考えて、いまのうちから準備をしておかなければ、退職してからゆっくり考えれば良いというような悠長なことを言っていると本当に老後破産になってしまうかも知れません。

          会社を定年退職して収入が無くなる前に、住宅ローンは完済してしまうことが理想なのは言うまでもありません。
          | 安心できる老後を送りたい | 老後破産 | 22:25 | - | - |
          教育費や老後生活費を上手に貯蓄する方法
          0
            現代社会で生きていくためにはどうしてもお金が必要です。

            人里離れてひっとりと自給自足の生活をする方法もありますが、多くの人はそんなことできないでしょうし、したいとは思っていないでしょう。

            現実には、お金が無くては生活をすることができないのです。

            生活費はもちろんのこと、子供の教育費や自分たちの老後のために貯蓄もしておかなければなりません。

            「てやんでえ、こちとら江戸っ子だい。宵越しの銭は持たねえや。」
            くらいのエネルギーを持っているのなら話は別ですが。

            会社勤めをして給料をもらう事のできる現役時代はいいとしても、定年退職した後の現金収入は、年金のみになってしまいます。

            いまの日本の台所事情を見ていると、借金額がどんどん膨れ上がり、財政収支のバランスの悪さは目も当てられない状況になっています。

            これが一般の企業であったならば、とうの昔に倒産していてもおかしくない状態です。

            国家だから大丈夫なんで悠長なこと言っていたら大変な目に合うかもしれません。世界的に見ても、国自体が経済破綻状態に陥った例はいくつもあります。アルゼンチン、ギリシャなど

            この先本当に年金制度が今の水準を維持されるのかどうかは誰にも分かりません。日本の国力の低下によって、年金が大幅にカットされることは十分に考えられます。

            財産もほとんどない。年金もない。そんな現実が、自分の身に降りかかってくる可能性は十分にあるのです。

            自分たちの生活を守るために今しなければならない事は、収入のある今のうちに貯蓄をできる限りしておくことです。

            子供の教育費は、本当に予測がつきません。

            子供のやりたいことがはっきりしていて、将来目指す所が決まっていても、進学する学校や学部などによって、本当に掛かるお金は様々です。

            最近では、学習塾に通うのも当たり前になり、教育費は嵩んでいくばかりです。

            そんな教育費を上手に貯蓄を方法は、学資保険を上手く利用する方法があります。

            保険というと損をしたり、掛け捨てのイメージが多いかもしれませんが、学資保険には払った金額よりも多く返ってくるものが少なくありません。

            そして、子供の入園や入学といったイベント毎に、お祝い金として幾らかが返ってくる学資保険もあるので、何かと出費が多くなる卒業や入学の時期には、たいへん助かるものです。

            毎月の生活費の中から、残ったお金を貯蓄に回すというのでは、なかなか貯まりません。

            学資保険のように毎月決まった金額を貯めるようにしておくことで、無理なく確実に教育費を貯蓄できるようになるので、おすすめの方法です。

            いまの生活も大切ですが、先行きが不安な日本の財政状況の影響をまともに受けないようにするためには、やはり自分自身でこつこつと貯蓄をしていくしか方法は無いのです。

            最初は無理のない範囲で、小額でも良いので、まずは毎月決まった金額をこつこつ貯蓄するということを習慣にすることが大切です。

            貯蓄だけが全てではありませんが、少しでも貯蓄をしておけば、子供の将来のため、自分たちの老後のために、役に立つことは間違いありません。
            | 安心できる老後を送りたい | 老後貯蓄 | 12:59 | - | - |
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << August 2017 >>
            + PR
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE