老後破産を回避するための定年後のリスクマネジメントとは

年金に頼らない老後を実現ための定年無く稼ぎ続ける方法
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    老後年金が不足して破産しないために
    0
      年金の受給額が十分受け取れなくて、特に贅沢な老後生活を送っているわけでもないのに、生活費が不足して、老後破産の状態に陥っている高齢者が少なくないようです。

      仕事が定年を迎えても老後年金があるから大丈夫などと言えた時代はひと昔前の話です。老後は自適悠々の生活をしていた高齢者は、ごく普通の姿であり、決して特別な存在ではありませんでした。

      しかし、現在の年金生活をしている高齢者の事情は、昔と比べて随分と様変わりしてきているのです。

      年金受給の物価にスライドした減額」が実施されており、現実にここ数年は、実際に年金の受給額は減ってきているのです。

      最近では年金制度に対して不安視する声も多くなり、このままでは老後破産してしまうのではないかと、心配する人も少なくありません。

      年金の額だけでなく、介護費用や医療費など高齢者になれば必然と増えてくる費用もあり、中でもパラサイト破産という聞きなれない言葉も出てきています。

      高齢者が陥りがちなパラサイト破産という老後の危険性について

      老後の生活費が足らなくなるという予測が現時点で、出来ているのであれば、何かしらの対策を講じることが可能性です。

      いずれ訪れるだろう老後生活のために、いまから何もしないというのは賢い選択とは言えません。

      老後でも夫婦二人で安心して暮らせるように、今からでもやれることを検討しておくと良いでしょう。

      いろいろとあるのですが、銀行に預けても利息はしれているため、少額で投資もできるようになったことから、株を買ってその配当金を老後年金の不足分に充てる、といったことをしている人もいるので、不安だというのなら検討しておくのも選択肢の一つです。




      | 安心できる老後を送りたい | 老後破産 | 20:14 | - | - |
      住宅ローンの残債が定年を過ぎても残っていたら老後破産する可能性が高くなる
      0
        定年後は収入が減ってしまうので、住宅ローンの残りがあったら、老後の生活は大丈夫なのでしょうか。

        老後は給与による収入が無くなるので、年金だけによる生活になってしまいますが、その時に住宅ローンの返済があると、生活して行けるのかどうか、心配になります。

        住宅ローンは、30代の時に組んで、65歳くらいで完済してしまうという計画を立てる人が多いようです。

        正社員で働いている人なら、定年退職をしたら退職金がたくさんもらえるので、そのお金を利用して、残りの住宅ローンを一括返済してしまうという考えの人も少なくないようです。

        住宅ローンの金利は低いので、あわてて完済してしまう必要はありませんが、資金に余裕があるなら、まとまったお金がある時には、繰り上げ返済してしまったほうがわずかでも利息が節約できます。

        会社勤めをして、定期的な収入があるうちに繰り上げ返済をすることによって、住宅ローンを完済できる時期を、前倒しすることが可能になります。

        老後には年金収入だけが頼りになりますが、ここ数年は年金受給は徐々に減額されているばかりでなく、年金を受給できるようになる年齢を引き上げようとする計画をいろいろなところで見聞きするようになってきています。

        今後ますます高齢化が進んでいく日本の状況を考えてみると、国家予算に占める社会保障の割合は、上がることはあっても、下がることは無いでしょう。

        自分だけでなく、今後の日本国内での社会の情勢を考えてみると、年金制度制度が本当にこの先何年も、続いているのかどうか、大変心配になってきます。

        ここ10年は大丈夫だとしても、20年後、30年後の日本に、年金制度は維持されているのでしょか。年金制度そのものが破綻していることも考えられます。

        いま50代の人は、もう目の前まで年金受給が迫っていますが、40代よりも若い世代の方々は、自分達が定年退職したら、年金制度自体が破綻してしまって、年金をもらうことが出来ないかも知れないと、本当の心配になるものです。

        退職金が支給され、国から支給される年金だけで、十分な老後生活を送ることができるというような老人であるならば、自適悠々な生活を送ることが出来るかも知れません。

        このような老後の生活では無く、退職金も少なくて、年金受給額は十分では無い状態で、
        定年を過ぎても住宅ローンの残債が残っているという人は、年金だけで返済をしていかなくてはならないので大変です。

        少ない年金の中から住宅ローンを返済しながら、老後の生活を送ることが出来るのかどうか、よく考えておかなければなりません。

        65歳くらいまでなら働いている人もたくさんいるでしょうが、いつまでも健康でいられるかどうかは、誰にも予想することができません。

        自分の定年後の老後の生活について、しっかり考えて、いまのうちから準備をしておかなければ、退職してからゆっくり考えれば良いというような悠長なことを言っていると本当に老後破産になってしまうかも知れません。

        会社を定年退職して収入が無くなる前に、住宅ローンは完済してしまうことが理想なのは言うまでもありません。
        | 安心できる老後を送りたい | 老後破産 | 22:25 | - | - |
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE