老後破産を回避するための定年後のリスクマネジメントとは

年金に頼らない老後を実現ための定年無く稼ぎ続ける方法
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    教育費や老後生活費を上手に貯蓄する方法
    0
      現代社会で生きていくためにはどうしてもお金が必要です。

      人里離れてひっとりと自給自足の生活をする方法もありますが、多くの人はそんなことできないでしょうし、したいとは思っていないでしょう。

      現実には、お金が無くては生活をすることができないのです。

      生活費はもちろんのこと、子供の教育費や自分たちの老後のために貯蓄もしておかなければなりません。

      「てやんでえ、こちとら江戸っ子だい。宵越しの銭は持たねえや。」
      くらいのエネルギーを持っているのなら話は別ですが。

      会社勤めをして給料をもらう事のできる現役時代はいいとしても、定年退職した後の現金収入は、年金のみになってしまいます。

      いまの日本の台所事情を見ていると、借金額がどんどん膨れ上がり、財政収支のバランスの悪さは目も当てられない状況になっています。

      これが一般の企業であったならば、とうの昔に倒産していてもおかしくない状態です。

      国家だから大丈夫なんで悠長なこと言っていたら大変な目に合うかもしれません。世界的に見ても、国自体が経済破綻状態に陥った例はいくつもあります。アルゼンチン、ギリシャなど

      この先本当に年金制度が今の水準を維持されるのかどうかは誰にも分かりません。日本の国力の低下によって、年金が大幅にカットされることは十分に考えられます。

      財産もほとんどない。年金もない。そんな現実が、自分の身に降りかかってくる可能性は十分にあるのです。

      自分たちの生活を守るために今しなければならない事は、収入のある今のうちに貯蓄をできる限りしておくことです。

      子供の教育費は、本当に予測がつきません。

      子供のやりたいことがはっきりしていて、将来目指す所が決まっていても、進学する学校や学部などによって、本当に掛かるお金は様々です。

      最近では、学習塾に通うのも当たり前になり、教育費は嵩んでいくばかりです。

      そんな教育費を上手に貯蓄を方法は、学資保険を上手く利用する方法があります。

      保険というと損をしたり、掛け捨てのイメージが多いかもしれませんが、学資保険には払った金額よりも多く返ってくるものが少なくありません。

      そして、子供の入園や入学といったイベント毎に、お祝い金として幾らかが返ってくる学資保険もあるので、何かと出費が多くなる卒業や入学の時期には、たいへん助かるものです。

      毎月の生活費の中から、残ったお金を貯蓄に回すというのでは、なかなか貯まりません。

      学資保険のように毎月決まった金額を貯めるようにしておくことで、無理なく確実に教育費を貯蓄できるようになるので、おすすめの方法です。

      いまの生活も大切ですが、先行きが不安な日本の財政状況の影響をまともに受けないようにするためには、やはり自分自身でこつこつと貯蓄をしていくしか方法は無いのです。

      最初は無理のない範囲で、小額でも良いので、まずは毎月決まった金額をこつこつ貯蓄するということを習慣にすることが大切です。

      貯蓄だけが全てではありませんが、少しでも貯蓄をしておけば、子供の将来のため、自分たちの老後のために、役に立つことは間違いありません。
      | 安心できる老後を送りたい | 老後貯蓄 | 12:59 | - | - |
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE