老後破産を回避するための定年後のリスクマネジメントとは

年金に頼らない老後を実現ための定年無く稼ぎ続ける方法
老後生活に必要な生活費を準備する方法
0
    老後生活に必要な生活費を準備するためには、若いうちから計画的に資産運用を行う姿勢が重要です。

    資産運用が必要な一番の理由は、老後になると収入が年金だけになってしまうからです。

    年金収入は、すこし前までは老後の生活を送る上で、十分な額の年金をもらうことが出来ていましたが、高齢化社会による日本の財政への負担増が懸念される中で、年々減額されているという現実があります。

    今でこのような状態にある年金に対して、これから定年を迎えるだろう人たちに、満足して老後生活を送るだけの年金は支給されるとは、誰でも予想できないことでしょう。

    高齢者の貧困問題は決して他人ごとではないのです。

    老後破産しないためには早いうちから対策を進めておく必要があります。
    老後破産の原因と老後貧乏を回避する貯蓄方法などは老後破産に陥らないようにするための役立つ情報が掲載されているので参考になります。

    実際に年金だけでは生活できずに老後の貧乏生活を余儀なくされている人は年々増加しており、中には生活保護レベルの老後を送っているという下流老人と呼ばれる高齢者もたくさんいるのです。

    老後に貧乏生活を送っている下流老人について

    下流老人になりたいですか。老後は貧乏生活を送りたいですか。
    という質問をすると多くの人は、貧乏になりたくない。下流老人にはなりたくない。と答えることでしょう。

    老後の準備をしています。という質問をすると「まだ老後の準備はしていない。」と答える人が少なくないでしょう。

    老後に貧乏生活を送るようなことにならないためには、早いうちから老後資産の構築について勉強して、実際に資産運用をはじめることをおすすめします。

    老後の資産運用とは、株式の個別銘柄を購入したり、投資信託を積み立てるのが、最も一般的な手法です。

    インデックスファンドなどを上手に活用することで、年率3パーセント程度の利回りを実現できる資産運用方法もあります。

    そのために20代や30代で老後生活に向けて資産運用を始めることで、定年退職時には5000万円程度の資金を確保することも可能です。

    またアパートを購入して賃貸経営を始めるという資産運用の手法も最近では注目されています。

    アパートを経営することで、毎月安定した家賃収入が得られます。そのためにアパートを一棟所有するだけでも、豊かな老後の暮らしを実現することができるのです。



    | 安心できる老後を送りたい | 老後生活 | 00:43 | - | - |
    年金受給者の生活資金はカットされるのか
    0
      今後、年金受給者の生活資金はカットされるのかというと、これはわかりません。

      年金の支給額が減ったり、支給年齢の引き上げということは確実に行われるでしょうが、生活資金というところまでカットしていくのかというと、これは別問題だからです。

      国民が最低限の生活保障をされるというのは憲法で保障されている国民の権利です。

      これを年金に委ねているという現状がありますから、この生活資金の部分にまで手を出すということは、憲法が改正されない限り難しいとも考えられます。

      何しろ今は生活保護の名のもとに仕事をしていない人にまでお金を出しているような状態です。

      これは憲法が保障するところの最低保障という考え方からきています。

      この考え方がある間はなかなか難しいでしょう。
      | 安心できる老後を送りたい | 老後生活 | 23:29 | - | - |
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE